Copyright (C) 2004 Otsuki pump indastrial incorporated company All Rights Reserved.

消火器には、消火薬剤の種類、放射するための圧力方式、大きさにより、さまざまな種類のものが存在します。ここでは、一般住宅における消火器の種類・選び方を説明します。
消火薬剤の種類(粉末消火器・強化液消火器)
一般住宅において使用される消火器は、消火薬剤が細微な粉状の粉末消火器と、液体の強化液消火器に大きく分類されます。外観上での両者の見分け方は、ホースの先のノズル形状の違いで行ないます。ノズル形状が先広がりに膨らんだものは粉末消火器で(写真左)、逆に先端が細くなったものが強化液消火器です(写真右)。
強化液消火器 粉末消火器
薬剤が液体で使いやすく、液体の持つ冷却効果が特徴で、天ぷら油火災に最適な消火器です。一般住宅の台所には、強化液消火器をお勧めします。 消火能力単位が良く、石油ストーブ周りや灯油タンク近辺に適した消火器です。
部屋の中での放射は、粉末により視界が悪くなるため、注意が必要です。
放出するための圧力方式(蓄圧式・加圧式)
上の写真は、蓄圧式の消火器です。
ホースの付根部分に圧力ゲージがあり、本体圧力の確認がひと目で行なえます。
圧力が本体全域にかかっており、本体内の薬剤が固化することもありません。
放射時の破裂がなく、安全最適な消火器です。
上の写真は、加圧式の消火器です。
圧力ゲージはなく、本体内部に小さな圧力容器を備えています。薬剤が3kg以下のものは、一度レバーを握ると途中で止めることは出来ません。湿気による薬剤の固化も考えられるので、水を多く使う場所には注意が必要です。